スポンサーサイト

--'--.--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 : トラックバック(-) : コメント(-)

ウトゥワその後

2013'10.01
夏に作らせてもらった陶器、的なものが我が家にやってきました。
キャア!

かおりさん=陶芸教室の先生をしている30年来の幼馴染でありながら誰にももちろんぼくにも言わずヒッソリと結婚していた猛者―――は、わたしが皿に気色の悪い絵を描きたがることを大変よく理解してくれていて、

「これに描いたら可愛いかなと思って!急いで焼いてん!」

と、蓋付きどんぶり&ビッグサイズどんぶりを素焼いて待っていてくれた。
だから絵付けをしました。

201309301.png

最近誕生した新キャラ「にんにくぼうや」を中央に冠した蓋付きどんぶり。蓋の外側にも勿論、この人たちがウヨウヨ浮遊しています。

201309302.png

こちらはビッグサイズどんぶり。にんにくぼうやのお友達を作ってあげようと思ったんです。おやさいぼうや。家族でメモ用紙に思いつく限りの野菜&果物の名前を挙げていくというあほんだらっぷりを発揮して頑張りました。本当にアホですね。
父はビッグどんぶりでチキンラーメンを、ぼくは蓋付きどんぶりで豚丼を食べようと誓いました。

201310013.png

チキンラーメンと。

201310012.png

豚丼。

この器たち、写真撮ろうとするとiPhoneが5~6人顔認識するので怖い。
でもおいしくいただきました。我が家、ネギ好きっやな。

あと、この人たち。

201309305.png

気を利かせて顔をボコボコにし、箸置き的な仕上がりに。コワイ。
右中央にいるのはほんこんさんです。

そして、にんにくぼうやたち。

201309304.png

ちょっと可愛過ぎてどうしようかと思ってます。
とは言え、勿論こんなリアルな形作れませんので、かおりさんに形を全部お任せしてぼくは顔をつけただけです。
それにしても可愛いぼうやたちは、職場のひとびとに写真を送り付けたところ瞬く間に全員売り切れになりました。

次行ったらナスぼうやをたくさん作りたいです。
おわり。
スポンサーサイト

offline : トラックバック(0) : コメント(1)

ウトゥワ

2013'08.12
さちに昨日、「エミッコ1か月ブログを更新してないから1か月更新してないブログになってるよ。」と注意されたので書きます。

最近、とても陶器に縁のある日々を送ってしまいました。
幼馴染が陶芸の先生してるとこで2度も遊ばせてもらった。

謎の絵付けと謎の人作り。

201308126.jpg

201308127.jpg

つい先日は地元の陶器まつりをエンジョイ。

まずはウドゥン。
数日前、仕事中に「お昼、カレーうどんにしよか。」と言われ、ここここここの酷暑の中カカカカカカレーウドンです!?思たものの、あまりの美味しさに気絶しかけたウドゥン。
3口すすった頃には、「えぇぇぇええええぇえええぇこのウドンを食べ終わる時が来るの・・・・?いやあああああああああああああああああああああああああ」なってました。
美味し過ぎたので同僚を誘って2日後にまた食べにいきました。

201308121.jpg

このウドン知らないで生きてたとか、人生相当損してたと思うの。

カレー臭を漂わせながらの陶器まつりでは、最愛の作家さん、mikadoさんとこに直行。
mikadoさん。
http://www.mikado-web.com/

201308122.jpg

ここここことしも可愛いのおぉおおおぉほほほほほほほ!

201308123.jpg

おにぎり!食パン!なにこれ天才!

貧しいBudgetの中、全部3枚ずつ欲しいという気持ちの中、断腸の思いで選びぬき、この子たちをいただいてきました。

201308124.jpg

食パンの上にのっかってる目玉焼きはお箸置きです。どんだけ天才か。ヒェッ

そして2日連続で金魚すくいに興じ。

1日目:12匹
2日目:15匹

記録を伸ばしました。

201308125.jpg


どや!リア充やで!

offline : トラックバック(0) : コメント(3)

だがしかし靴が好き

2013'06.30
半期に一度のやらかす時期がやってまいりましたのでやらかしました。
前回のロッシも多分10回ぐらいしか履いてない気がしないでもないですが、

201306302.png

またロッシ。しかもまたパテント。あっ靴箱が反対向きだわ・・・っ。

コレクションラインであらせられるという10.5cmヒールのちょおおおおおお美しいデザインパンプスと悩みに悩みに悩んで、またも上司に相談しいの、同僚にも相談しいの、20回ぐらい履き比べーの、結局シンプルなこっち(カラーは色キチですけど。)とった。しかも9cmヒール。
11cm欲しいと言いつつ、なぜか9cm。でもこのロッシさんのアーモンドトウ、ものすごキレーーーーな形でね、1足欲しかったんだ・・・もん!
前回のポインテッドですら超履きやすかったから当然っちゃ当然かもしれないけれども、めっちゃくちゃ履きやすいコレ。楽チン極めてる。さすが過ぎた。

たちまち色違いが欲しくなりました。はううううn
靴欲、留まるところを知らず。

offline : トラックバック(0) : コメント(2)

グレートヒェン破産記。

2013'02.10
なぜか靴を買う度にUOブログで報告しているという謎。
ブリテインもといブリテンの靴。
以前、わりと凄く金銭感覚と気が狂った時の記録です。

既にもはや、2013S/Sに心が移ろいつつも。

201302103.jpg

ProrsumかわいいよPrirsum。
ショートブーツって死ぬほど履かないのに買っちゃったよ。
いいんだ、所有欲だけ満たすんだ。アンバーオーラの染め粉みたいなもんなんだ。

さちのサイズもあったよ!買っとこうか!?ヒール多分11cmぐらいだけど!!てメールしたら、「私生活に問題が出るレベル・・・!!」と怒られた。

11cmヒールはさちを184cmにしてしまう。
ランウェイのモデル並みである。

え、つまり、超かっこいいじゃん!?

https://www.vogue.co.jp/datas/collection/12aw-rtw/2363/1/00450fullscreen.jpg

ランウェイではこんなに可愛い靴も、わたしが履くとただの豚足な事実。
死のう。

とか言いつつも。

201302104.jpg

ダメ押しProrsum。

ふくろうTしゃつ、破裂するほど欲しかったんだ。かれこれ、9月ぐらいに欲しいと思い始めて悶絶すること約5ヶ月。ふくろうううううううううううううううう。
そう、2012A/WのProrsumはテーマは「タウン&フィールド」でね、イギリスの田園地帯にいる動物たちのモチーフがふぇ;おいjw:えくぇくぇp「@l・・・・・で、ふくろう1番かわいいよふくろう。

https://www.vogue.co.jp/datas/collection/12aw-rtw/2363/1/00280fullscreen.jpg

ジャケットの間から覗き見するふくろうの真顔に悶絶。なんでこんなふくろう可愛いんだろうって考えてて、思い出した。大学生の頃、動物園に行ってきた友達に、「エミッコってシロフクロウに似てるよね。」て真面目に言われたよね。うん絶対悪口だよね今目の前で悪口言ったよねキミ。的な。
でもProrsumふくろうが可愛いから10年の時を経て今許したよ、Qちゃん。

Tしゃつに出す値段としては正気の沙汰じゃないストーンふくろうも。

https://www.vogue.co.jp/datas/collection/12aw-rtw/2363/1/00480fullscreen.jpg

かかか・・・かわいいお・・・・・。
でも、もったいな過ぎて着れないんだお・・・・。

もったいないのと、あと、買い物中ずっと横にいたオカンに

「洗濯は。」

て不動明王の顔面で言われた恐怖とで、着れない。

そしてあと、1年近くずっと欲しい欲しいと騒ぎ続けていたトレンチを誘拐して、フィニッシュ。さて、どうやって払おうか。

offline : トラックバック(0) : コメント(3)

思い出の懐メロ

2013'01.15
やっぱりななさんの超絶長文記事がドあたまなのは現在進行形で桜でブリタニア生活を送るななさんにとって非常にご迷惑なんじゃないだろうか、とヒクヒクしているわたくしですこんばんわ。

というわけで、今回もオフラインな話題でお茶を濁らせます。
本気で茶を濁しているだけの無駄に長々しい記事なので、お読みにならない方がいいとは思います。

わたくし、24歳ぐらいまで、クラシック音楽にドボンと漬かっている人だったんですよ。
一言でいうと



こういうことを真面目にやる類の人の一部でした。
まあ、全くもって勉強熱心じゃないし、最下層のうんこですけどね。
まあ、うっかり9年前UOを始めてうっかり廃になり、UOと歌の両立が出来なったのでうっかり歌よりUO廃生活を優先してやめましたけどね。

だがしかし、決して我が家というのは厳格でもお金持ちでもなく、クラシックなにそれおいしいの?的な家庭でして、というか、両親ともども「ハードロック」なるものに心酔している人なのですよ。

そんなハードな両親のもとに生まれ落ちましたので、生まれる前から「ハードロック」らしきものを胎教のごとく聴かされ、オカンは臨月でも平気でライブハウスへ行き、幼稚園に入るか入らないかの頃から幼児サイズのギターだかベースだかを(無理矢理)手渡されて(無理矢理)教えられ、ピアノは買ってくれないけどちっちゃいシンセサイザーは喜んで買い与えるオトンとともにセッション的なものをさせられて育ったわたくし。

そりゃあもう超絶反面教師というか、幼いながらにどうも親に反発したらしいわたくしは「しんせさいざーじゃやだ!ぴあのがいい!」と駄々をこね、20余年に渡ってクラシックの道を歩んだわけなんですけれども。

そんなわたくしに両親は

お父さんとお母さんはアンタが中高生ぐらいになったらバンドを組ませようと思ってたのに!ロックの英才教育したのに!!クラシックだなんて!!この親不孝者!!!

と嘆き悲しむ始末。

と、そんな長い前置きを置いて、時は現代に戻りまして。
年明けからわたくしの職場のBGMが変わりまして。
わたくしが胎児だった頃、いえもはや精子だった頃から聴かされてきた、オトンとオカンの大好物な曲が、そのBGMのCDの中に含まれていました。
どのくらい聴かされてきたかというと、オカンは掃除をするにも料理をするにもこの曲をBGMにし、オトンはたまの休日に向こう三軒両隣まで轟き渡る大音量でこの曲を流し、ベース片手に「イェァァァァアァァアァァ!」と絶叫する。という当時の日常からお察しいただければ幸いです。

ここまでしつこく聴かされると、逆に実家以外で耳にするとなぜか脳が反応する不思議。両親も老いて参りまして今では、オトン=ジャズをBGMにクッキング・オカン=ガンダムを見ながら片手間に家事、という平穏な生活をしているものですから、なんだかこの曲を聴くと懐かしいやら、不本意ながらテンションが上がるやら。

「これが懐メロというものか。」とややしみじみといたしまして、当時この曲以外に聴かされまくった(=両親曰く英才教育。)「ロック」なるものをYouTubeで検索してみました。
そして発見しました。
恐ろしい思い出の1曲を。

当時わたくし、小学校低学年。
なぜか珍しくオシャレ(=ケミカルウォッシュのGパン的な。)をした両親に連れられて、地元では大きめのホールへ。そこで腕にべったりと「ばっくすてーじぱす」なるステッカーを貼られ、客席ではなく楽屋へ連行され。
楽屋から出てきたのは、え?何かのアニメの主人公の方です?みたいな服装をした、もっさりロン毛にパーマの外国人。
ここでわたくし、当然凍りつく。
そんな凍りついたわたくしに、「コニチワ。カワイイ。」とカタコトの日本語でにこやかに話しかけるロン毛パーマ。引きつった薄笑いを浮かべながらこっそり楽屋の奥を見渡すと、どう見ても脳が盛大に爆発したとしか思えない盛大な爆発ロン毛の別の外国人が、鏡の前でポロポロとギターを奏でている。

こわい。
もう僕こわい。
おとうさんおかあさん、僕はちびりそうです。

そう思っていたら、盛大爆発外国人のギターのピックを貰った。
ちょっと嬉しかった。←物を貰うのはなんとなく好き、という子供ならではの心理。

そして開演のお時間、客席に連れられて、まわりの大人達の異様な熱気にますますちびりそうなわたくし。

と。

開演とともに、脳汁が鼻から漏れそうな爆音。
ついさっき、ポロリンポロリンとギターを奏でていた盛大爆発ロン毛がステージをグルングルン回って暴れながらギターを回し、にこやかに「コニチワ。」言うてたアニメ主人公もっさりロン毛(ボーカル)が絶叫。
そして8歳そこそこの娘にヘッドバンギングを強要するうちの両親。

ちびった。
これ。↓(ぜひ音量デカめで聴いて一緒にちびり体験を。)



この話をIRCでしたら、

22:16 <_xena> おい
22:16 <_xena> お前の家
22:16 <_xena> おかしいだろwwwwwwwwwwww
22:16 >pty< wwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww

だおね\(^o^)/ヨレ

そして。この盛大爆発ロン毛=イングヴェイ・マルムスティーンさんが、光速弾きの「ギターの神」とギター界で崇め奉られていることを知ったのは、それから10年以上経ってからだった。のですけれども。

とりあえずちびった記憶しかない。

のだけれども、今聴いてみたら、なんだこれ。
超絶かっこいいじゃん・・・・・・!
インギー、なんだこれ。こりゃ神だわ。

というわけで、こんな懐メロを発掘してしまって、現在インギーにハマり中。結局わたくし、オトンとオカンのDNAではないか。と思ったのでありました。おしまい。

ちなみにですが。ななさんのステキハウスに突撃した日、ななさんのお傍を離れるのが辛過ぎて「仕事行きたくないよううううう」と号泣していたら、呆れたななさんが「がんばって」って言ってくれたんだ。
ななさんに言われたからには頑張る以外の選択肢が皆無だぜ!と一挙ノリノリで、このライジング・フォースを爆音で聴きながら出勤いたしましたところ、この3連休、アホかと思うぐらい売れました。自分でも「へへへへへへへへ」言うぐらい売れました。

そうか。ブリタニアのライジング・フォース。それがななさんか。
と思ったのは言うまでもありません。(愛

offline : トラックバック(0) : コメント(0)

« Back  |TOP
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。